交通事故の後遺障害は申請や等級取得が必要

後遺障害の慰謝料を受け取る為には申請や等級取得について

Category: 未分類

弁護士依頼する

Pocket

弁護士交通事故が原因で後遺障害が残ってしまったような場合には、一般的には弁護士に依頼するというのがおすすめになります。事前請求でしたら相手に全てお任せできるので問題ありませんが、やはり認定される確率が下がってしまいますのでおすすめできません。また、被害者請求の場合には、専門的な知識が必要になってくる部分が多かったり、揃える書類が面倒といったデメリットもあります。やはり、後遺障害が認められるような確率があるような場合には、弁護士に依頼するのがおすすめになります。

一般的な交通事故の場合には、慰謝料が低いので弁護士に依頼してしまうとどうしてももらえる金額を大幅に減らしてしまうといった事がありますが、後遺障害は遺失利益や慰謝料などによってかなりの金額が貰えますので弁護士に依頼してもそこまで赤字にはなりません。むしろ弁護士に依頼することによってもらう金額を増やす事にも繋がりますので、非常にありがたい存在になります。全国各地に弁護士事務所は複数あり、それぞれ得意としているジャンルが異なりますので、交通事故に強い弁護士を選ぶべきです。また、日弁連では、30分の無料相談を行っておりますので、日弁連の公式ホームページなどで最寄りの弁護士事務所で相談するのもおすすめになります。

後遺障害の申請

Pocket

天秤後遺障害の申請には大きく分けて二種類の方法があります。後遺障害の申請方法は事前認定と被害者請求の二種類の方法があります。一つ目の事前認定という方法は、加害者が加入している任意の保険会社が窓口となって、被害者の後遺障害の等級認定を申請する方法になります。加害者の方に全てをお任せする事ができますので、非常に簡単で手間のかからない方法です。しかし、相手の保険会社の担当者からしてみれば、後遺障害の認定が通ってしまうと、余計に支払う金額が増えてしまう事になります。その為、保険会社の中には申請の書類に意見書などのなんらかの細工をするような所もある可能性があります。どちらにせよ100パーセント信用する事ができませんのでこちらの方法はあまりおすすめできません。

二つ目の方法の被害者請求という方法は、その名の通り、加害者の保険会社が行わずに被害者の方が申請する方法になります。被害者の方が直接相手の自賠責保険に後遺障害の等級認定を請求する方法になります。事前請求よりも後遺障害が認められやすいといったメリットがあります。逆に事前申請の場合には、手間ひまがかからないメリットがある反面、相手の保険会社との示談が成立するまでお金が入ってこないなどのデメリットがあります。

後遺障害とは

Pocket

車椅子交通事故の慰謝料などに深く関わってくる後遺障害とは、交通事故が原因で怪我をした際に、しっかりと治療をしていたとしても、交通事故以前の状態に戻れない障害が残った状態の事をいいます。分かりやすい後遺障害としては、交通事故で脊髄損傷をしてしまい、足が動かなくなってしまい車イス生活になってしまった場合であったり、交通事故が原因で肘から先が無くなってしまったような状態の事です。

これらの症状は、適切に治療をしても脊髄損傷が原因の麻痺は、2017年の12月現在において回復する有効な手段は見つかっておりませんし、肘から先を切断してしまった場合には、義手以外の方法は考えられません。逆に後遺障害でないのは足や手などを複雑骨折してしまった場合であっても、適切に治療やリハビリを行っていれば交通事故に巻き込まれた以前の状態に戻る事ができた場合です。

後遺障害は、症状に合わせて等級が決まっており、上の等級に行けば行く程に残った症状が重くなりますので慰謝料などの金額が高くなります。逆に言えば、後遺障害の等級が付かなければ、全く元気な状態と慰謝料は変わらないという事になります。交通事故にあってしまった場合には、今後の事も考えて後遺障害の認定をしてもらう必要があります。

交通事故の後遺障害

Pocket

事故交通事故は、車社会の日本において決して無くすことができない問題です。自分が危険な運転をしていると事故を起こしてしまうのはもちろんですが、相手のドライバーが無茶な運転をしているような場合には、いかに自分が安全運転をしていたとしても事故に巻き込まれてしまう可能性があります。

また、交通事故というのは車と車で起こるとは限りません。クルマとバイクの場合もありますし、最近になって車道を走るように推奨された自転車と車の場合、横断歩道を渡っている時に車にぶつけられるような場合などもあります。一般的に同じスピードでぶつかった場合には、自転車やバイク、歩行者の方が怪我をする割合が高く、また怪我の状態もかなり悪化する傾向があります。

交通事故で怪我をする事を人身事故というのですが、軽い捻挫から阪神部髄であったり、植物状態になるような重症な怪我まで千差万別です。怪我の症状もしっかりと治せば完治する物から、後遺症が残る物までありますので注意が必要になります。交通事故の慰謝料などは、怪我の具合はもちろん、この後遺障害の残り方などによっても大きく異なってきます。加害者の代理人となっている保険会社の担当者は、一円でも安く支払いたいという気持ちがありますので後遺障害認定の事など教えてくれません。そこで自分で相手の保険会社の方と示談交渉をしなければいけないという方の為に、こちらのページでは、交通事故の後遺障害についてや、後遺障害の慰謝料を受け取る為には申請や等級取得が必要という情報などをご紹介します。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén