Pocket

事故交通事故は、車社会の日本において決して無くすことができない問題です。自分が危険な運転をしていると事故を起こしてしまうのはもちろんですが、相手のドライバーが無茶な運転をしているような場合には、いかに自分が安全運転をしていたとしても事故に巻き込まれてしまう可能性があります。

また、交通事故というのは車と車で起こるとは限りません。クルマとバイクの場合もありますし、最近になって車道を走るように推奨された自転車と車の場合、横断歩道を渡っている時に車にぶつけられるような場合などもあります。一般的に同じスピードでぶつかった場合には、自転車やバイク、歩行者の方が怪我をする割合が高く、また怪我の状態もかなり悪化する傾向があります。

交通事故で怪我をする事を人身事故というのですが、軽い捻挫から阪神部髄であったり、植物状態になるような重症な怪我まで千差万別です。怪我の症状もしっかりと治せば完治する物から、後遺症が残る物までありますので注意が必要になります。交通事故の慰謝料などは、怪我の具合はもちろん、この後遺障害の残り方などによっても大きく異なってきます。加害者の代理人となっている保険会社の担当者は、一円でも安く支払いたいという気持ちがありますので後遺障害認定の事など教えてくれません。そこで自分で相手の保険会社の方と示談交渉をしなければいけないという方の為に、こちらのページでは、交通事故の後遺障害についてや、後遺障害の慰謝料を受け取る為には申請や等級取得が必要という情報などをご紹介します。