Pocket

天秤後遺障害の申請には大きく分けて二種類の方法があります。後遺障害の申請方法は事前認定と被害者請求の二種類の方法があります。一つ目の事前認定という方法は、加害者が加入している任意の保険会社が窓口となって、被害者の後遺障害の等級認定を申請する方法になります。加害者の方に全てをお任せする事ができますので、非常に簡単で手間のかからない方法です。しかし、相手の保険会社の担当者からしてみれば、後遺障害の認定が通ってしまうと、余計に支払う金額が増えてしまう事になります。その為、保険会社の中には申請の書類に意見書などのなんらかの細工をするような所もある可能性があります。どちらにせよ100パーセント信用する事ができませんのでこちらの方法はあまりおすすめできません。

二つ目の方法の被害者請求という方法は、その名の通り、加害者の保険会社が行わずに被害者の方が申請する方法になります。被害者の方が直接相手の自賠責保険に後遺障害の等級認定を請求する方法になります。事前請求よりも後遺障害が認められやすいといったメリットがあります。逆に事前申請の場合には、手間ひまがかからないメリットがある反面、相手の保険会社との示談が成立するまでお金が入ってこないなどのデメリットがあります。